TOP >  療術とは  >  光線療法

光線療法

太陽の光はすべての生き物を育む源です。光線療法は、このような太陽の力を活用して整理機能を整えたり,鎮痛や消炎、解毒作用や皮膚の抵抗力を高めたりすることを目的としています。患者の症状によって紫外線、可視光線、赤外線などの化学作用や物理的作用を使い分けることになります。 (ポノス 療法アラカルト)

関連エントリー

TOP >  療術とは  >  光線療法