TOP >  療術学会  >  24回日本療術学会 part2

24回日本療術学会 part2

部門別研究発表 
 カイロ手技療法 

   額関節異状による腰痛、不定愁訴 
                    青森県療術師会   北 久幸 
   重度障害児のてんかん改善 
                 (社)静岡県療術師協会 吉田 邦夫  
   慢性腰痛症例における筋肉調整の手技効果 
                     大阪療術師会   吉野 和織 
                  桜カイロプラクティック  吉野 和寛 
   健常者と脊椎原生患者における失上面の肩甲帯位置について                  桜カイロプラクティック  吉野 和寛 
                     大阪療術師会   吉野 和織 
    療術基本手技ー大阪方式ーの教育的こうかについて  
                     大阪慮y術師会   倉津 弘一 
    高齢者と老化による重度の慢性耳鳴りの改善 
                     宮城県療術師協会 熱海 哲也 
                                  熱海 範夫  誌上発表
    母指の中手指関節の変移への手当法 
           -吸い込ませ法ー 
                     東京他療術師会  浅野間 丈児
    有痛性外脛の施術 
                     岡山県療術師会  東 照應 
    IRT(インジュリ・リコール・テクニック)トBK(バイオ・キネチィッ    ク)による痛みの軽減とアレルギー、イップスへのアプローチ 
               石井カイロプラクティック    石田 昭治 
    
電気部門 
    
    ラジオ波(高周波)の筋緊張緩和作用 
         ~腰部に対する施術効果検証~
                     大阪療術師会    藤井 英之 
    電気療法と他の療法との組み合わせ効果について    
                   兵庫県療術師協会   山田 敏夫 
    股関節・膝疾患の疼痛療法 
                  (社)東京都療術師会  蔵内 茂 
    負電荷療法の還元作用と炎症を考える 
                   青森県療術師協会   三浦 金作  
    事故による頸椎・腰椎捻挫全身打撲における施療例 
                   鹿児島県療術師会   中西 康夫  

光線療法 
    高齢者の骨折施療例からみる骨租しょう症の考察 
                   青森県療術師協会   神 一男 
    くも膜下出血退院後の施療経験 
                 (社)神奈川県療術師会  海渡 一二三 
    転倒による膝蓋骨ヒビ入りに対する光線療法 
                      大阪療術師会   三舩 晧久 
  誌上発表 
    光線照射で著効のあった一症例 
                   兵庫県療術師協会    改發 未浦 

温熱刺激療法 
  
  温熱療法による胸腺腫のGOLの向上について 
                   兵庫県療術師協会   岡本 真規子  外傷による肩関節脱臼の症例と回復   
                     奈良県療術師会  小橋 洋之 
  家族の支えで重病から生還した一症例 
                   兵庫県療術師協会  福永 ちとせ 
                       共同研究    藤原 幸子 
  慢性じんましん、成人アトピーの温熱療法 
                (社)愛媛県療術師協会  工藤 美穂 
  ストレスによる頭痛 
                   青森県療術師協会  北 晃弘 
  解離性腹部大動脈瘤の手術後の腰痛の施療 
                (社)東京都療術師会   渡辺 滋 
 誌上発表 
  むくみへの施療法について 
   (筋肉の障害を取り除いて関節的に身体機能を改善する) 
  施療の基本は患者の意識改革から 
                  兵庫県療術師協会   藤原 幸子  
  良導絡データに基ずく平田式温熱刺激療法の試み 
                  大阪府療術師会    倉津 三夜子
  
      
  
                
                    

関連エントリー

TOP >  療術学会  >  24回日本療術学会 part2